声優としての技術を習得しよう|専門学校選びが重要

最新記事一覧

材料費がかかる

ペンタブレット

部活に入ろう

マンガに関心がある人の中には、自分で描きたいという人も居れば単純に読むだけが趣味という人も居ます。前者の場合、漫画家を目指す人も少なくありません。そのためには専門的に学ぶことをお勧めします。例えば、高校もマンガについて学べる高校を選ぶといいかもしれません。基礎から学べるようなところに通えば、これまで独学で適当にやっていたものもしっかりとした技術力を身につけられるようになるはずです。ただし、専門的な学校となると、自宅付近で見つからないこともあります。まず、交通費がかかることは頭に入れておきましょう。さらに、マンガについて学べる高校は少ないため、とりあえず高校を卒業してから専門学校に進学するといった形を取る人も居ます。この場合、高校ではマンガに関する部活に入ることをお勧めします。そうすれば、高校生活を無駄に過ごすこともありません。それに、個人的にマンガを学ぶとなると習い事扱いになってしまうので、月謝がかかります。アトリエなどに通ってみるのもいいかもしれません。高校にマンガに関する部活がなかったり、学ぶ機会がなかったりするようなら、習い事として探してみましょう。習い事の場合、他の習い事同様、月に2万円というように月謝がかかることを念頭に置くことが大切です。一方、部活でマンガについて学べるのなら、材料費なども全て学校の部費でまかなうことができます。漫画家になりたいという人は高校選びの時点でその点も踏まえて選ぶようにするといいかもしれません。